英語学習おすすめサイト

RNN時事英語辞典

ニュースで英会話

mailonline

Reuters Video

NHK WORLD English

おすすめ映画

ショーシャンクの空に

世界最速のインディアン

ブラックホーク・ダウン

2011年06月18日

ケアンズ中心街で散歩 5月ケアンズ旅行記

IMGP0172 (640x480).jpg

ケアンズに到着した後、旅行代理店のバスに乗ってケアンズ中心街に行きました。



ケアンズのスーパーに行きました!

まず最初にwool worthsというスーパーマーケットに行きました。ケアンズの住民が、普段どんな商品を買って利用しているのかすごく知りたかったからです。

店内に入ってびっくりしたことは、多くの商品の値段が日本と比べて高いということでした。日本ではバナナは1キロで200円あれば買えますが、ケアンズでは1キロ8.9オーストラリアドルで売られていました。ケアンズではバナナは高級品でした。バナナで旅行中の栄養補給をしようと思っていた私には想定外の値段の高さで少し困りました。

結局、バナナの代わりにマンダリン(みかん)を買って食べていました。味は日本のみかんのように甘くなく、味が薄かったです。むこうのみかんはおいしくなかったです。

ジュースを買おうと思いましたが、やたらと高いものが多く、アローナという安い水を買うことにしました。

レジに行って店員さんに会計をしてもらいましたが、英語はほとんど聞き取れず、適当にyesとthank youを言って買い物を済ませました。この時感じたことは、多くの現地の人はニュースキャスターや英語の教材のようにはっきりとハキハキした声では話さないということでした。

IMGP0341 (640x480).jpg

のんびり海沿いを散歩

スーパーを出た後は中心地をぶらぶらした後、ラグーン、エスプラネードに散歩に行きました。
ボードウォークを歩いていて感激したことは、散歩しているケアンズの人たちがのんびりとリラックスしていて、顔も穏やかな表情だったことです。日本ならば顔が怖い人や疲れが顔に出ている人を見かけますが、ケアンズではそういう人が全くと言っていいほどいませんでした。ケアンズの人たちのまったりのんびりしてリラックスしている姿はとても印象的でした。この瞬間ケアンズが好きになり、住んで暮らしてみたいと思いました。

散歩をした後、しばらく海の前に座ってのんびり海と鳥を眺めていました。周りの雰囲気がのんびりしているのもあって、とても癒されました。

IMGP0174 (640x480).jpg

オーストラリアの動物に感激

この後、街をぶらぶら散歩してから動物園に行きました。

さっそく受付に行くと、少し怒っているように見える女性のスタッフがいました。受け答えをしていてわからないところがあったのでゆっくり話してほしい、と私が言うと女性スタッフはイライラした表情でゆっくり少し大きめの声で話してきました。女性スタッフの立場になって考えるとイライラする理由がわからいわけではありません。しかし、飛行機の冷房で体調が悪くなっていたことと、この女性スタッフの態度が原因で、この時非常にテンションが下がりました。しかし、英会話がしっかりできていれば、これほどまで気が沈むことはなかっただろうと思います。もっとちゃんと英語の勉強をしてくればよかったと後悔しました。

気を取り直してオーストラリアの動物たちを見ることにしました。丸くてかわいいコアラ、大きなワニ、ヘビ、たくさんの種類の鳥など、初めて見る動物ばかりで眺めているだけで楽しかったです。

動物たちに癒されたあと、コアラを抱っこした写真を撮りました。コアラはずっしり重く、毛がふかふかしていてとても可愛かったです。



IMGP0181 (640x480).jpg

寝ているコアラ

IMGP0194 (640x480).jpg

キバタン

IMGP0185 (640x480).jpg

IMGP0187 (640x480).jpg

大きなワニ






関連ページ

ケアンズ到着



posted by すみす at 20:44 | TrackBack(0) | オーストラリア・ケアンズ一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケアンズ到着  5月ケアンズ一人旅

IMGP0171 (640x480).jpg

5月に1週間のケアンズ一人旅に行ってきました。

1日目はニューギニア航空の飛行機で機内泊をし、2日目にケアンズに到着しました。

ケアンズに到着した時は冷房が寒くて体調が悪くなっていました。とにかく寒くてテンションは上がるどころか逆に下がっていました。風邪をひかないか心配でした。

入国カードを書いていなかったので、税関の手前のところで書くことにしました。置いてあるボールペンを手に取ると隣の白人のおじさんが、そのボールペンはインクがもうないから他のを使ったほうがいいよ、と優しく声を掛けてくれました。


英語

入国カードを書き終えて税関に行ってパスポートと入国カードを見せました。英語で3回くらい質問されてなんとか聞き取れて受け答えをし、無事税関を通過しました。英会話本に出てくるような決まりきった英語の言い方では質問されなかったです。帰国うる時もそうでしたが、いろいろな言い方をして質問してくるのでリスニングに関してはあまり英会話本に頼りすぎないほうがいいと思います。

スピーキングに関しては、英語が苦手な人は、自分が話すことを頭の中で作文するよりも、英会話本のフレーズをそのまま言ったほうがいいと思います。









posted by すみす at 08:31 | TrackBack(1) | オーストラリア・ケアンズ一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

ポートモレスビーで乗り継ぎ

IMGP0169.JPG


乗り継ぎ

ケアンズの一人旅を計画して一番心配だったことがポートモレスビーでの乗り継ぎでした。

乗り継ぎに失敗したらどうなるのか。ケアンズに行けるのか。日本に帰るのか。英語に不安があるし、旅行代理店とは連絡取れなさそうだし、色々と心配でした。

ポートモレスビー空港に到着して飛行機から出て空港の中の通路をしばらく歩くと、日本語で国際線乗り継ぎと書かれている入口がありました。入口の中に入ってパスポートと搭乗券を見せて手荷物検査をしました。

英語はほとんど話さなかったです。空港スタッフが話す英語はあまり聞き取れなかったですが、日本の空港の税関と手荷物検査と同じようにすればいいので問題なく無事終わりました。


空港で感じたこと

日本の生活しか経験したことのない私にとっては空港スタッフの人たちの勤務態度は決して良いとは感じられませんでした。暇になると乗客に出しているお菓子を食べながら座って雑談。アナウンスはチャラ男がしゃべっているように聞こえるものや、緊張感が感じられないものがありました。「これはひどい」「日本じゃありえない」。南国なので仕事に対する考え方が日本と違うかもしれませんが、少し軽いカルチャーショックを感じました。

しかし、1部のスタッフには真面目に仕事をして、一人一人に声を掛けてお菓子とコーヒーを進めているスタッフもいました。日本語も話せるスタッフもいて、見ていてなんだか安心しました。


なまった英語

搭乗時刻になり飛行機に乗ると英語がすごいなまっている男性客室乗務員がいました。最初はパプワニューギニアの言葉を話していると思っていました。私は英語の映画やニュースの動画をある程度見てきましたが、今までに聞いたこともないような英語でした。これはこれでショックを受けました。


冷房効きすぎ

言い忘れていましたが、成田発の飛行機とこのポートモレスビー発の飛行機は冷房がかなり効いています。白人はほとんど半袖を着ていましたが、私はTシャツと長袖シャツとジャージの三枚を着ているのに寒くてガクブル状態でした。こんなに寒いとは思ってもいなかったです。風邪をひくかと思いました。


飛行機からの景色が綺麗

席は窓際で外の景色が良く見えました。パプワニューギニアの山や島も見えましたし、ケアンズの近くでは島の周りが綺麗な水色になっている景色を見てとても感動しました。本当に美しい光景でした。









posted by すみす at 21:34 | TrackBack(0) | オーストラリア・ケアンズ一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューギニア航空の機内食

IMGP0167 (640x480).jpg



成田からポートモレスビーに行く途中、ニューギニア航空の機内食を食べました。

機内食には期待していなかったのですが、意外においしかったです。

「Beef or chicken?」と聞かれて「Chicken, please.」と言ってチキンを頼みました。

客室乗務員はわかりやすく単語1語で聞いてくることが多かったです。

食器を片づける時も「Still?」とまだ食べているかどうか聞いてきました。 

客室乗務員は親切でやさしそうな人が多かったです。

1つ気になったことは、英語が話せなくても何かしてもらうごとに「Thank you.」は言ったほうが良いと思いました。日本は客のほうが偉いという空気があるため、店員に「ありがとうございます。」と言われると無言でいることが多いですが、海外に行ったら「ありがとう」をしっかり言うべきだと思います。

ケアンズの日本人のガイドさんは、英語ではThank you を店員に返すのが普通だと言っていました。日本でも客が店員に「ありがとう」と言えばいいのになあ、と思いました。








posted by すみす at 18:57 | TrackBack(0) | オーストラリア・ケアンズ一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

ニューギニア航空でケアンズへ

ニューギニア航空でケアンズへ一人旅に行ってきました。


成田空港からポートモレスビー経由でケアンズに行きました。


成田
 ↓
ポートモレスビー
 ↓
ケアンズ


初めて飛行機に乗るので色々と不安でした。

旅行代理店に遅くとも出発の2時間前までにはチェックインカウンターに行くように言われていたので、早めに着いて余裕を持つため出発の3時間前に到着するように家を出ました。

しかし、途中で電車の乗り換えを調べている段階でミスがあったことが分かり、出発の2時間前には間に合わず、10分ほど遅れて1時間50分前くらいにチェックインカウンターに着きました。

空港に行くまでの電車の中で携帯電話で調べて遅れることがわかりました。遅れることが分かった時は、「もう飛行機に乗れないんじゃないか」「旅行に行けず高いキャンセル料を払うことになるのか」とマイナス思考になってかなり焦っていました。

実際は、チェックインカウンターに行くと普通に手続きが始まり無事飛行機に乗れることが分かりました。ほっとしました。ここで荷物を預けたあと、手荷物検査と税関をチェックを受けて通過して搭乗口へ行きました。

搭乗時刻になり飛行機に乗って出発しました。飛行機が助走して飛び立つ時のスピード感には興奮して感動しました。夜のフライトで乗客が少なく窓際の席だったので夜景がきれいに見れました。飛行機は乗っていて楽しい乗り物でした。この飛行機に乗った瞬間から旅が楽しくなりました。

キャビンアテンダントが何度か英語で接客してきましたが、あまり聴き取ることができなかったです。出発前に英会話の勉強をほとんどしなかったので、自分が何を言ったらいいのかもわからなかったです。この時、今までの英語の勉強が甘かったと感じました。そして、この後ケアンズで英語で困ることが何度かありました・・・




海外旅行ならH.I.S.【海外航空券・海外ツアー予約】






posted by すみす at 09:17 | TrackBack(0) | オーストラリア・ケアンズ一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。